抗生物質ジスロマックのジェネリック医薬品「アジー」

アジーとは、アジスロマイシンを有効成分とする抗生物質「ジスロマック」のジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品とも言われ、医薬品の有効成分に対する物質特許が切れた後に同じ有効成分を使って作られた医薬品です。

有効成分の研究や特許取得のための費用がかからないため安く製造することができ、薬の価格も安くなります。

アジーの有効成分であるアジスロマイシンは、最近の感染症に有効で、グラム陽性菌やマイコプラズマ、クラミジアなどに良く効きます。

殺菌力が強く、炎症を抑える効果が高いため、喉頭・咽頭・扁桃炎などといった炎症の他、肺炎などの気管支炎にも使用されます。

アレルギーを起こすことが少ないので、ペニシリンやセフェムなどの抗生物質にアレルギー反応が出る患者にも使いやすいとされています。

組織内に長くとどまるので、作用期間も長い薬品です。

1日1回3日間服用することで、他の同類の薬を1週間から2週間服用したのと同様の効果を得ることができます。

副作用も少なく扱いやすい薬ですが、全く副作用が無いわけではありません。

副作用では吐き気や下痢などの胃腸症状が出やすく、特に幼い子供では激しい下痢を起こすことがあります。