クラミジア感染症の治療にジェネリック医薬品アジー

アジーはジスロマックのジェネリック医薬品で、クラミジア感染症の治療に効果があります。

主成分はアジスロマイシン水和物で、細菌が増殖するのに必要なタンパク質の合成を阻害して細菌を殺菌することができます。

クラミジアなどの性感染症だけでなくマイコプラズマや黄色ブドウ球菌、肺炎球菌にも効果があります。

500mgは1日1回で、250mgは1日2回服用します。

インターネット通販で最も人気が高いのは1000mgで、3日に1回服用するだけです。

症状によって用量は変わりますが、血中濃度が半減するまでに時間がかかるので、効果が持続します。

特にクラミジアはしっかりと薬を飲まないと完治させられずに再発してしまいますが、アジーを服用することで飲み忘れの頻度が減り、治療期間が短くなります。

アジーはジュライのマクロライド系抗生物質とは違った構造を持った新しい治療薬です。

副作用が少ないものの、嘔吐や下痢などの胃腸障害が起こる人もいます。

これらは重い症状でなければそれほど問題ありませんが、長引く時は医師のアドバイスを受けた方が良いです。

発疹やかゆみ、目の充血などが出た場合は、皮膚粘膜眼症候群の可能性があるため、すぐに病院に行きます。