クラミジア感染症の治療にジェネリック薬品アジー

アジーは、クラミジア感染症に効果があるとされ海外では処方される事の多いジェネリック薬品(後発医薬品)です。

先発医薬品と同じアジスロマイシン水和物を主成分とする医薬品で、細菌を殺菌する効果のある抗生物質です。

グラム陽性菌に対する効果が高いとされ、クラミジア感染症の腫れや発熱等に良く効きますが、インフルエンザ菌を代表とする一部のグラム陰性菌にも効果があるとされています。

ジェネリック薬品の為、価格がかなり安くなっているのが特徴です。

安全性が高く比較的副作用の少ない薬とされていますが、吐き気や頭痛、腹痛、発疹等が出る事もあるとされています。

先発医薬品に比べ同様の効果があり安価なアジーは日本の病院ではまだ処方されておらず、インターネット等で購入される方も増えているようです。

ただ、その際には注意が必要と言えます。

自己判断での服薬や中止は完治したかどうかの判断が素人には非常に難しいですし、副作用が出た際の対応にも困る可能性があるという事です。

また、むやみに抗生物質を使用して完治する前に服薬を中止する事で、薬剤に対する耐性菌が出る事も問題となっていますので、医師の診断や処方がなく服薬される際には注意が必要です。